僕がそれでもタイに住み続ける、その魅力を6つにまとめて語ります!海も女性もクオリティが高すぎる

pai-hotel

僕がお世話になっている100万アクセスブロガーのまたよしれいさんが沖縄の魅力を記事にしていた。それに影響され、負けてられない!

僕もタイ・バンコク在住者を代表して「タイ」の魅力を書いてみました。

タイは海も女性もクオリティが高すぎる。

@Sayobsさんが、僕がそれでも沖縄県に住み続ける、その魅力を6つにまとめて語ります!海のクオリティが高すぎる。

というエントリーを書いていましたので、負けられない戦い!!

またよしれいさんにインスパイアされて僕もタイの魅力を存分に語ります。

 

タイの6つの魅力

タイ在住歴3年の僕がその魅力を存分に語ってみました。

①みどころ満載!

ayutthayaタイにはユネスコに登録された世界遺産が全部で5つ(3つが遺跡、2つが文化遺産)存在します。

有名ドコロで言えば、上の写真の「アユタヤ」やもう少し上の「スコータイ」ですよね。

それ以外にも北から南まで、僕は多くの場所に訪れましたが、それぞれ違う顔を持っていて全く飽きません。

現在、僕の滞在するバンコクでさえあらゆる顔を持っているほどです。

オススメの地域や旅行本には載っていなディープなタイは今後も定期的にアップしていきますね。

②人が最高に温かい!

thai-kids

タイ人はよく温厚とかマイペンライ(問題ない)な人柄で知られていますが、事実です。

特に地方に行くとかなり顕著に現れます。

フラッと行った地方で初めて知り合ったバイクタクシーの兄ちゃんたちと酒盛りを交わすのは当たり前。

ホテルの予約が取れず困っていた僕を泊めてくれる方もいました(平気で泊まる僕も僕ですが)。

南国特有なのか、タイ人を見てると「今」を存分に楽しんでいるなと励まされます。 

③海がちょーキレイ!

ko-tao

常夏の楽園「タイ」最大の魅力は海にビーチ!

タイは数え切れないほどのビーチや離島が存在し、発見されていない島もまだまだ有るんじゃないかと思ってしまうくらいです(笑)。

有名どころは、皆さんもご存知ディカプリオ主演の映画『ザ・ビーチ』の舞台「ピピ島」でしょうか。

けど僕は、ピピ島も最高に良かったですが、タイの島はどこがいい?と聞かれると上の写真にもある「タオ島(およびナンユアン島)」を強くオススメしています!

ここは僕が生まれて初めて行った島という思い入れを抜きにしても、最高の海が広がっているんです。

また、プライベートビーチも多く、かと思えばステキなバーで各国の旅行者とワイワイできます。

タオ島の魅力はまだまだ書き足りませんので、次の機会に。

—–

2015年9月7日追記:タオ島まとめ記事書きました!

▼タオ島まとめ!僕がタイで1番大好きな秘境ビーチリゾートへの行き方とか魅力とかを書いてみた

④あらゆるコスパが良すぎる!

thai-cospa

タイはどれを取ってもコストパフォマンスが抜群に良いです。

ホテルを予約しても、屋上バーで飲んでも日本の1/3、ヘタするとそれ以下で楽しむことができちゃいます。

また、僕の本業でもあるタイのコンドミニアム(分譲マンション)に関しても、上の写真にあるような1Bedroomのお部屋を5〜8万円程度で借りれます。

これはバンコクだけの話になりますが、BTS(スカイトレイン、モノレール)やMRT(地下鉄)は完備され、ショッピングモールも至るところに存在し、生活の不便さを全く感じません。

いろんな東南アジアに行きましたが、これだけコスパの良い国はタイ・バンコクをおいて他に無いと言っても良いくらいです。

▼バンコクのホテルは最高!タイ旅行で絶対に泊まってほしい超おすすめホテルベスト5

⑤食がウマい!

thai-foods料理がマズい国で暮らすのは苦痛で仕方ないですが、タイは最高に食に恵まれています。

レストランはもとより、その辺の屋台でさえ日本人の口に合う料理に出会うことができちゃいます。

中でも僕のオススメは写真の「チムチュム」、タイ東北部イサーン地方を代表する鍋料理で、日本でいう水炊きに似ています。

これにイサーン名物激辛ソースを付けて食べるとビールが進む進む。

その他にも「トムヤムクン」など、アジアを代表する料理がいくつもありまね。

⑥女性が尋常じゃなくカワイイ!

thai-lady女性がめちゃめちゃカワイイ!

これは男の僕としては絶対に外せません。 

タイ人女性は、愛嬌があり人懐っこく、ずっと一緒にいて守ってあげたい衝動に駆られます。

なのであえてキレイではなく「カワイイ」と表現しました。

僕は特に田舎の女性に目がないのですが(笑)、仕事熱心で思いやりのある古き良き「やまとなでしこ」のような素敵な女性が多いです。

もちろんバンコクでも、美人を多く見かけますよ。

「女性が元気な国は繁栄する」とは、先人は上手いこと言いましたね。

タイ人の嫁さんがメチャメチャ欲しいです(笑)。

▼タイ人女性と付き合って3週間過ぎたから今の時点で感じたことをつらつら書くよ

 

タイのホテルはどうする?

bangkok-agoda

海外旅行を楽しむうえでホテル選びは大切ですよね!

僕は必ずホテル予約サイト「agoda(アゴダ)」でホテルを検索します。

ホテルの詳細はもとより値段も比較できますし、タイのホテルからゲストハウスまで全て網羅されてとっても便利ですよ。

また、agodaリワードという旅行ポイントも貯まりますからオススメですよ。

タイ旅行のホテル選びに、ぜひご活用してみて下さい。

▼バンコクのホテル一覧

 

さいごに

タイの魅力を6つにまとめて書きましたが、良いことばかりではありません。

例えば、バンコクの渋滞にはウンザリします。

それでも僕はタイにずっと居続けたいし、世界で1番好きな国です。

何があってもマイペンライ!

サバーイ(快適)なタイに来てみて下さいね☆

thaiexpedia-banner thaiagoda-banner

ABOUTこの記事をかいた人

海外ノマドや旅行情報を中心に自身の経験を交えてブログで発信中。カメラやスマホなどのガジェット類も大好き(旅の7つ道具として紹介しています)。また、「タイ」をこよなく愛し1年の半分以上をパタヤとバンコクを中心に暮らしています。嫁はタイ人。