カンボジアのSIMカードはプノンペン空港で入手すべし!SIMフリー携帯は必須です

cambodia-sim

今回はカンボジア不動産のアテンドをするためにプノンペンへ行ってきました。

現地でも多く連絡を取りますが、日本のSIMカードを使うと金額もバカになりません。

そこで今回はカンボジアのSIMカードを購入してみました。現地では現地のSIMカードを使うべし。

 

プノンペン空港でSIMカードを買おう!

カンボジアの玄関口「プノンペン空港」に降り立ち、入国を済ませ外に出ると直ぐにSIMカードを販売しているショップがあります。

僕のオススメはTraveller SIMを扱う緑の看板が目印の「Smart」キャリア。

カンボジアでは第3位のキャリアですが、インターネット接続サービスに力を入れているため、カンボジアの若者にも大変人気が高いです。

日本で言うところのソフトバンクに近いかと思います。

購入方法

必要なものは現金とパスポートのみ。

もちろんSIMフリー携帯電話は必須ですので、事前に入手しておきましょう。

料金形態

日本と違ってプリペイド式のため、使った分だけチャージが出来るので大変オトク。

SIMカード代金

1ドル

インターネット代金

滞在期間や使用頻度によって異なりますが、僕はカフェやホテルではWiFiを使うなどはあったものの5日間の滞在中「1GB」で十分でした。

SIMフリー携帯を店員さんに渡せば、直ぐに設定してくれます。

なお、通話料は別になりますので、インターネット代金とは別途トップアップして下さい(1週間の滞在だと5ドルもあれば十分です)。

300MB:1ドル

1GB:3ドル

2.5GB:5ドル

5GB:10ドル

10GB:15ドル

20GB:25ドル

 

次のカンボジア渡航も安心

僕はお客様やディベロッパーと電話する機会が多いので電話番号が変わると大変です。

しかし、0.5ドル追加で支払うと1年間有効なSIMカードにトップアップしてくれますので、番号が変わる心配はありません。

また、既に次回カンボジアに来る予定のある方も、その旨を店員さん伝えて設定しておいてもらうと安心ですね。

6ヶ月更新ですので、6ヶ月以内にカンボジアへ来た場合は新たにSIMカードを買う必要がありません。

なお、6ヶ月後に来た場合はSIMカードはそのままですが、追加で0.5ドル必要になります。

 

ポケットWiFiルーターなら日本で事前レンタルしよう!

携帯やスマホでのインターネットなら、今回ご紹介したSIMカードで十分です。

また、プノンペン市内にはWiFiカフェやホテルでもネット環境が比較的整っていたりします。

ですが複数人でネットに接続したいとか、SIMカードや公共WiFiだけじゃ不安という人も多いかもしれません。

そんなときは、日本から事前にポケットWiFiルーターをレンタルしていきましょう。

カンボジアのような途上国でも安心してネットが使える「Global WiFi」がオススメですよ。

ぜひ、選択肢の1つとして考えてみて下さいね。

phnompenh-agoda

 

さいごに

海外は日本と違い携帯電話料金を安く済ませる方法はいくらでもあります。

そのため旅行や仕事でよく海外に行く方は、「SIMフリー携帯電話」を必ず事前に入手することをオススメします。

安くて快適なカンボジアライフをお楽しみ下さい。

コチラの記事も合わせてどうぞ

カンボジア旅行で必須のポケットWiFiレンタルサービスを徹底比較してみた

プノンペンの人気ブティックホテル!僕のオススメTEAVが最高過ぎて観光そっちのけで滞在していたい

カンボジア・プノンペンの本当は教えたくないスカイ・バー!「エクリプス(ECLIPSE)」が素敵すぎる件

ABOUTこの記事をかいた人

海外ノマドや旅行情報を中心に自身の経験を交えてブログで発信中。カメラやスマホなどのガジェット類も大好き(旅の7つ道具として紹介しています)。また、「タイ」をこよなく愛し1年の半分以上をパタヤとバンコクを中心に暮らしています。嫁はタイ人。