雨季のバンコクでも楽しめる!スカイバー「Scarlett Wine Bar」なら屋根もあってぬれないぜ

DSC03173
DSC03173

バンコクのナイトライフで一押しなのが、バンコク市内を一望できるスカイバーです。

しかし、有名な屋上バー「シロッコ」とか「ムーンバー」は屋根がないので雨の日にはNG。

そんなときに朗報です!

今回は雨季でも楽しめるスカイバー「Scarlett Wine Bar」をご紹介しますね。

 

[adsense]

雨季のバンコクはスコールの嵐

bangkok-rain

年中常夏のタイで僕が最も嫌いな季節が近づいてきました。

そう雨季の季節です。

タイは日本の雨季と違って雨が嵐のように降ります。

ニュースとかで見たことあるかと思いますが、いわゆるスコールというやつです。

決して長く降るわけではなく1〜2時間大泣きするとすぐに泣き止んで笑顔を見せてくれます。

しかし、これが曲者でいつ降ってくるか分からないので「さあ!屋上バーに行こう」と思っても大雨で結局キャンセルといったこともしばしば。

今回は雨でも楽しめるバンコクの屋根付き屋上バー 「Scarlett Wine Bar(スカーレット・ワイン・バー)」をご紹介しますね。

 

Pullman Bangkok Hotel Gの37階!

pullman-bangkok

スカイバー「スカーレット・ワイン・バー」はデザイナーズホテルとして世界的に人気なPullman Bangkok Hotel G(プルマン・バンコク・ホテルG)の37階にあります。

シーロム通りに位置するプルマンホテルは、バンコクのみならずパタヤやインドネシアのジャカルタなどでも展開されています。

フロントから既にちょーオシャレ!

 

Scarlett Wine Barに潜入!

DSC03163

店内に入ると内装からバーカウンターまでとってもオシャレにお出迎えしてくれます。

大きなテーブルもあって女子会とかでも使えそうですね。

カップルで来ると間違いなく喜ばれます。 

 

夜景も最高にキレイ!

DSC03167

37階だからこそ大都市「バンコク」 を一望できちゃいます。

改めて夜景を見ると、タイがもはや途上国というのは過去の話ですよね。

僕は屋根付きオープンテラスに座りましたが、室内の反対側のテーブルは更にキレイな夜景が皆さまをお待ちしています。

 

草食系ワイン男子にもオススメ!

DSC03180

バー入り口には本格的なワイナリーも完備。

僕は最初から最後までビール派なので、注文はしませんでしたがワイン好きにはタマラナイ!

(※ワイン好き男子が草食系かどうかは知りません。僕の勝手なイメージです。はい、すみません・・) 

 

ネズミ系チーズ男子は今すぐおいで!

DSC03178

ミッキーマウスも真っ青な世界中から集まったチーズの数々。

正に夢の世界。

僕はここをバンコクのネズミーランドと名付けよう(笑)。

(※ミッキーマウスがチーズが好きかは知りません。ネズミなので好きだろうという僕の勝手なイメージです。はい、すみません・・)

 

行く前に注意すべき点

DSC03193

少しフザケてしまいましたが、ここからは真面目に屋上バーやスカイバーに入る際の注意点を書いてみます。

高級な場所に入る場合はタイは例外なく「ドレスコード」の着用を要求されます。

とは言ってもビシッとスーツを着ていく必要があるわけではなく襟付きの服を着るとか多少フォーマルで問題なしです。

特に短パンにサンダル、タンクトップは間違いなく室内に入れてくれません。 

スカーレット・ワイン・バーも例外なくこれに当てはまりますので、ぜひご注意下さいね。

プルマン・バンコク・ホテルGの詳細>>>

bangkok-agoda

 

さいごに

今回は雨季の日でも楽しめるバンコクのスカイバーを1つご紹介してみました。

そういえば、スカイバーに行くのなんか数年ぶり。

有名どころからマイナーどころまでドンドン行ってレポートしますね。

雨の日のバンコクを楽しもう!

ところで、バンコク雨季特集でも初めますか(笑)。 

コチラの記事も合わせてどうぞ

バンコクのホテルは最高!タイ旅行で絶対に泊まってほしい超おすすめホテルベスト5

タイ・バンコク在住の僕が、2泊3日のバンコク旅行プランを組んでみた!初めてのバンコクならここへ行けば間違いなし

僕がそれでもタイに住み続ける、その魅力を6つにまとめて語ります!海も女性もクオリティが高すぎる

ABOUTこの記事をかいた人

海外ノマドや旅行情報を中心に自身の経験を交えてブログで発信中。カメラやスマホなどのガジェット類も大好き(旅の7つ道具として紹介しています)。また、「タイ」をこよなく愛し1年の半分以上をパタヤとバンコクを中心に暮らしています。嫁はタイ人。