大学生時代の海外旅行費を僕はリゾートバイトで稼いでいたので現役学生にもオススメしてみる

ryokan

学生時代はお金が無いものです。

でも、そんな中で海外旅行にも行きたいと思っている学生も多いはず。

僕はリゾートバイトを活用して、毎年2回1ヶ月以上のタイ旅行を楽しんでいましたよ。

今回は、お金がないけど海外旅行に行きたい大学生にオススメのアルバイトについて書いてみました。

 

海外旅行に掛かる費用

travel-lady

春休みとか夏休みとか、大学生活では毎年2回に分けて2ヶ月という長期の休暇があります。

僕は学生時代から、長期休みを利用してタイとか東南アジアを旅行していました。

行く場所にもよりますが、格安航空会社(LCC)を駆使しても旅費は10万円とか20万円とか必要ですよね。

特に、ヨーロッパとかアメリカとかになると航空券代だけでこの金額に達します。

勉学に励む学生には平日も、もちろん休日もアルバイトする余力なんてないのが本音ですよね。

何を隠そう・・僕にはムリでした。

なので、思い切って授業期間は勉強だけに集中し、年2回あるうちの1回の長期休みを利用して旅費を稼いでいましたよ。

つまり2ヶ月間フルで、アルバイトに時間をつぎ込んでいたワケです。

年に2回ある長期休みのうち1回は朝から晩までアルバイト。

そして、もう1つの長期休暇と短い冬休みを使って東南アジアを旅していました。

いっそのこと「授業期間はアルバイト」なんかしない。

この開き直った感すらある考え方を体現できたのは、リゾートバイトという制度のおかげなんです。

 

稼ぐなら住み込みのリゾートバイト1択!

僕は、夏休みや冬休みの2〜3ヶ月を使って住み込みのアルバイトをしていました。

いわゆる「リゾートバイト」って言うやつです。

例えば、自然豊かな地方都市とか海のキレイな沖縄の離島とか。

全国どこでも、自分の行きたかったあの都道府県でアルバイトが出来ますよ。そ

して、何と言っても住み込みで仕事が出来るのが嬉しいですよね。

住み込みだから寮や個室も無料で提供されますし、食費や光熱費も全て無料。

部屋を借りる必要もなく、更に飯まで付いてきちゃう。

「こんなに優遇されても良いのかしら?」と思ってしまうほど至れり尽くせりな環境です。

そして何と言っても、同年代の学生も多いため、友だちもたくさん出来ちゃう。

僕は、ここで知り合った友だちとタイで合流したことだってありますよ

後輩なんか、リゾートバイト中に彼女まで作ってしまうほどの強者でした(笑)。

何から何まで無料提供されるので、お金を使うことが一切ありません。

もちろん、たまにはリゾートバイトで知り合った友だちと飲みに行ったりはしましたが。

でも、基本的には朝から晩まで働いてアルバイト代は全て貯金できちゃいますよね

こんなに効率的なアルバトって、僕はリゾートバイト以外に知りません。

そして気になるのが給料ですが、基本的には時給1,000円以上のところがほとんどです。

僕は、せっかく働きますので時給1,000円以上のところで意図的に選んでいました。

また、深夜や長時間になると更に時給もアップ。

だいたい2〜3ヶ月のリゾートバイトで、月20万円以上はもらっていましたよ。

ただし都会の住み込みアルバイトはなくて、地方や離島のみ。

まあ、それだから時給も高いんですけどね。

地方って住めば都なんですが、あまり行きたい人がいないから時給も高くなるんでしょうね。 

春休みを使ってガッツリ稼いで夏休みで思う存分、海外旅行を楽しむ。

そんなことを実現出来るのが、リゾートバイトという素敵なアルバイトなのです。

ただし、ホテルや旅館業のみ

勤務地は自分の好みのあった地域を選ぶことが出来ます。

例えば、夏ならビーチリゾート(沖縄など)や冬ならスキー場(北海道など)。

もちろん春夏秋冬、様々な地域で求人があります。

僕が知りあった友だちは、全国の離島をリゾートバイトで制覇すると言っていました。

しかし、職種は基本的にはホテルや旅館業(スキー場は別)。

そのためメインは接客業となります。

朝から晩まで接客ですので、苦手な場合はかなり苦痛かもしれませんね。

でも、優しいスタッフも多いですし0から業務を教えてくれるので心配はありません。

僕も苦手ですが、友だちと協力しながら頑張っていましたよ。

▼リゾートバイトの詳細

 

リゾートバイトで彼女が出来た後輩の話

couple

僕が以前リゾートバイトしていたときに知り合った後輩のSくん。

彼はあまり目立つ存在じゃなかったけれど、何と同じ職場で働いていた子と後に付き合ったようです。

僕も聞いてビックリしましたよ。

だって、お互いに職場ではそんな雰囲気を見せていなかったから。

僕がいたときには付き合ってなかったようですが、僕が辞めた後にその子と付き合い始めたとか。

そして更にビックリしたのが、付き合い始めた子が何と台湾人(笑)。

リゾートバイトって実は日本人だけでなく、場所によっては多くの外国人留学生も働いています。

僕がいた職場は特に台湾人に力を入れていて可愛い台湾人の女の子がたくさんいました。

その1人とSくんはお付き合いを始めたようです。

何か嬉しいですよね。

そして、追い打ちかけるように僕がビックリしたのはSくんが退職後に台湾に行ったこと。

もともとオーストラリアのワーキングホリデーの旅費稼ぎのために働いていたようですが、それを蹴って台湾へ。

彼女の台湾人の女の子が台湾に帰るので、Sくんも一緒に付いて行った形です。

なんか知らないところで恋愛映画みたいなドラマがあっていたとは・・。

そんなワケでリゾートバイトで、彼女も見つけることが出来ます(しかも外国人・・笑)。

 

僕のリゾートバイト体験談

resort-baito

ここからは僕が体験したリゾートバイトについて少しだけ触れてみます。

僕は、とある離島のホテルで働いていました。

3ヶ月弱くらいは働いていましたが、合計で50万円以上も貯金することが出来ましたよ。

上の写真はそのときに知り合ったお友だち(一部)。

みんな同い年か、その前後くらいで素敵な仲間たちでした。

ちなみに真ん中の女の子2人は外国人。

マレーシア人と台湾人(上に書いたSくんの彼女ではありません)。

まさか台湾人やマレーシア人の子たちと友だちになれるとは思ってなかったので、嬉しい誤算でしたね。

海外旅行に行くときは、彼女たちを頼って遊びに行く予定です。

ただし、素敵な思い出ばかりじゃなくて仕事は毎日朝から晩までありましたから大変でした。

まあ相応の給料はもらいましたし、休日は旅行もしましたが・・(笑)。

そこで、僕のとある1日のスケジュールを書いてみましたよ。

リゾートバイトに行こうかどうか悩んでいる読者の参考になれば幸いです。

悩むくらいなら行ってみることをオススメしたい!

とりあえず、インターネットから無料登録すると自分にあった職場を紹介してくれます。

リゾートバイト中のとある1日

※時給1,000円(残業・深夜は1.25倍)

5:00 起床

5:30 業務開始

9:30 中休み(&朝食)

※中休みが5時間あったので、自分の好きなことをしていました。

15:00 業務開始

17:00 夕食

17:30 業務再開

22:00 業務終了

23:00 ホテルの温泉入浴

0:00 就寝

※休日は、友だちとカフェに行ったり観光したり。

▼リゾートバイト(新規無料登録)の詳細

 

さいごに

学生時代はお金が無いものです。

僕もそうでしたし、別に恥ずかしいことじゃありません。

その状況下でいかに効率的にアルバイトし、海外旅行とか趣味を楽しむか。

最短期間で、最大限の貯金をするるなら間違いなくリゾートバイトがオススメですよ。

もちろんリゾートバイトは、大学生じゃなくても就労可。

僕が働いていたところにも30代の方や、50代くらいのおっちゃんもいましたから(笑)。

友だちもできて(彼女も!)、時給も高いリゾートバイトは要チェックですよ!

今回の記事が、大学生の皆さんのアルバイト選びの参考になっていましたら幸いです。

コチラの記事も合わせてどうぞ

住み込みのアルバイトで貯金して世界一周旅行を楽しむKくんがリゾートバイトをおすすめする3つの理由

卒業旅行はタイで決まり!格安ホテルや現地ツアーを選ぶ方法とトラブル対策で気をつけるべきこと

海外旅行保険が年会費無料で自動付帯して更に医療費キャッシュレスなクレジットカードならエポスカード

ABOUTこの記事をかいた人

海外ノマドや旅行情報を中心に自身の経験を交えてブログで発信中。カメラやスマホなどのガジェット類も大好き(旅の7つ道具として紹介しています)。また、「タイ」をこよなく愛し1年の半分以上をパタヤとバンコクを中心に暮らしています。嫁はタイ人。