BTSアソーク駅直結ホテル!グランドセンターポイントならショッピングモール併設だからオススメだよ

center-point

海外旅行先として人気が高いタイのバンコク。

初めてのタイ旅行で右も左も分からないならば、電車の駅に直結するホテルが便利なので絶対にオススメです。

大型ショッピングモールの「ターミナル21」も併設だから嬉しい。

今回は、日本人にも大変人気が高いグランドセンターポイントホテル特集です。

 

グランド センター ポイント ホテル ターミナル 21

バンコクの公共交通機関、BTS(高架鉄道)とMRT(地下鉄)駅に直結したグランドセンターポイント

2つの主要電車の駅が交差するBTSアソーク駅、そしてMRTスクンビット駅に位置します。

そのため、バンコク市内の観光にも最適。

バンコクはご存知の通り渋滞がひどいですから、タクシーを使うより公共交通機関での移動をオススメしています。

市内の移動なら東西南北、全ての終着駅まで実は30分圏内なんですよ。

また、駅直結だから雨季のタイ旅行でも心配ナシですね。

 

「グランドセンターポイント」をオススメする3つの理由

terminal21-hotel

BTSアソーク駅に直結したグランドセンターポイント。

駅近以外にも魅力がいっぱい!

僕がこのホテルをオススメする3つの理由がこれだ。

ポイント①「大型ショッピングモール併設」

グランドセンターポイントが駅直結なのは紹介したとおりですが、なんと!大型ショッピングモールも併設されています。

数年前にオープンしたターミナル21というショッピングモール。

タイ料理はもちろんのこと、イタリアンに日本食レストランまで完備されていて、旅行中でも飽きることがありません。

また、余談ですがモール内の各フロアがいろいろな国をフューチャーして作られているも面白いですね。

イギリスフロアとか日本フロアとか、トイレまでその国一色で染まってます。

ATMとか銀行とかもあるからバーツの引き出しや換金の際も安心ですね。

ポイント②「スポーツジム完備」

tennis-bangkok

もう1つの魅力は、ホテル内設備。

フィットネスジムはもちろんのこと、屋外プールやパターゴルフ場、テニスコートまであります。

バンコクに何度も旅行で来ている旅行者は、スポーツをしながらノンビリした余暇をグランドセンターポイントで過ごすのもアリですね。

ポイント③「価格がリーズナブル」

グランドセンターポイント最大の魅力、それがリーズナブルな価格帯で宿泊できること。

正月やゴールデンウィークなどのオンシーズンだと価格が上がるものの、通常だと15,000〜20,000円で泊まれちゃいます。

これだけ設備が整って、好立地なホテルが2万円以下って日本では有り得ないですよね。

折角の海外(タイ)旅行ですから、思い切って贅沢してみませんか? 

▼グランド・センター・ポイント・ホテル・ターミナル21の詳細>>>

 

ホテル周辺の観光地

BTSアソーク駅周辺の観光として僕がオススメしたいのが、ショッピングです。

アソークからだとBTSに揺られて10分以内、しかも乗り換えなしでショッピング街のサイアムに行くことが出来ます。

このサイアム地区は、BTSサイアム駅を筆頭にタイ旅行のお土産屋さんから高級ブランド店まで全てを網羅することが出来ちゃいますよ。

特にオススメなショッピングモールは、サイアム駅のお隣、BTSナショナルスタジアム駅併設の「MBK」です。

MBK(マーブンクローン)については以前の記事も参考に。

また、サイアム地区でショッピングをした後の夕食は、この近辺にあるシーフードレストラン「ソンブーン」がオススメです。

ソンブーンの記事も以前書きましたので、そちらをぜひ参考にされて下さい。

 ホテル予約サイトで格安料金を見てみる!

Agoda.com

Expedia.co.jp

Hotels.com

 

さいごに

タイ旅行でのホテル選びって慎重になりますよね。

特に初めてのバンコク観光なら尚さら。

宿泊するホテルは観光地から近いのかとか、ホテルのクオリティは高いのか・・とか。

今回ご紹介したグランドセンターポイントならば、日本人による口コミも高評価で駅直結のホテルですのでご安心下さい。

僕としてもオススメですが、人気の理由はぜひ宿泊して確かめてみて下さいね。

それでは、タイでお待ちしております!

コチラの記事も合わせてどうぞ

バンコクのホテルは最高!タイ旅行で絶対に泊まってほしい超おすすめホテルベスト5

タイ・バンコク在住の僕が、2泊3日のバンコク旅行プランを組んでみた!初めてのバンコクならここへ行けば間違いなし

タイ・パタヤの行き方まとめ!エカマイから乗れる直行バスが絶対にオススメです

ABOUTこの記事をかいた人

海外ノマドや旅行情報を中心に自身の経験を交えてブログで発信中。カメラやスマホなどのガジェット類も大好き(旅の7つ道具として紹介しています)。また、「タイ」をこよなく愛し1年の半分以上をパタヤとバンコクを中心に暮らしています。嫁はタイ人。