広島のビジネスホテルまとめ!広島出張で泊まりたい市内の大浴場付き駅近ホテルランキング

DSCF2744

広島出張の際、宿泊するのは必ず広島市内になるかと思います。

そこで今回は、ある程度リーズナブルで極上のビジネスホテルをじゃらんを元に僕なりの視点でランキング化してみました。

これは絶対に泊まりたい!

 

駅近&大浴場付きビジネスホテル

ビジネスマンが気にすること。

それは駅からどれだけ近いかということですよね。

そして、仕事の疲れを癒せる大浴場が付いていたら尚良い。

そんな素敵なビジネスホテルを見つけましたのランキング形式でご紹介します。

もちろん全室WiFi完備。

No. 1「アークホテル広島駅南」

ark-hiroshima

JR広島駅南口より徒歩5分の場所にあるアークホテル広島駅南

ホテルの10階に展望台浴場を完備しています。

ビジネスホテルですから、広々としたデスク(テーブル)もあり、ゆっくりとパソコンワークも可能です。

もちろん全室WiFi完備。

また、電車や新幹線で来られるビジネスマンのためにホテルから広島駅までの無料送迎アリ。

お値段も8,000円前後からと大変リーズナブルですね。

▼アークホテル広島駅南の詳細>>>

No. 2「グリーンリッチホテル広島新幹線口」

greenrich-hiroshima

JR広島駅の新幹線口(北口)より徒歩1分の場所にあるグリーンリッチホテル広島新幹線口

サウナ・水風呂も付いた大浴場が自慢。

また、宿泊特典の無料軽朝食も人気が高いです。

何と言っても広島駅から徒歩1分という立地は、忙しいビジネスマンに大変嬉しいですね。

もちろん全室WiFi完備。

▼グリーンリッチホテル広島新幹線口の詳細>>>

No. 3「HIROSHIMAピースホテル」

peace-hiroshima

JR横川駅から徒歩3分の場所にあるHIROSHIMAピースホテル

6,000円以内で泊まれる格安ビジネスホテル。

1階には大浴場もあります。

朝早くから夜遅くまで仕事するから、寝るところはできるだけ安くしたいという僕のようなビジネスマンにぴったりです。

もちろん安心の全室WiFi完備です。

▼HIROSHIMAピースホテルの詳細>>>

 

駅近ビジネスホテル

残念ながら大浴場は無いですが、駅近徒歩5分のビジネスホテルを集めてみました。

もちろん全室WiFi完備。

No. 1「広島ワシントンホテル」

washington-hiroshima

広電(広島電鉄)八丁堀駅より徒歩3分の場所にあるワシントンホテル広島

広島のビジネス街、八丁堀駅すぐのビジネスホテル。

八丁堀駅まではJR広島駅から路面電車で10分圏内の好立地です。

出張先がこの近辺であるなら、間違いなくワシントンホテルが便利。

ゆったりと仕事が出来てコピー機も置いているビジネスコーナーも魅力的ですね。

もちろん全室WiFi完備。

▼ワシントンホテル広島の詳細>>>

No. 2「シェラトンホテル広島」

sheraton-hiroshima

JR広島駅新幹線口(北口)より徒歩1分の場所にあるシェラトンホテル広島

世界的な高級ホテルグループ「シェラトン」も、実は広島にホテルを構えています。

お値段が張る分、宿泊者も商社マンや経営者が多い印象。

また、お金を持った外国人観光客もよく見かけます。

僕が広島で1度は泊まってみたい高級ホテルNo. 1。

もちろん全室WiFi完備です。

▼シェラトンホテル広島の詳細>>>

No. 3「ホテルグランヴィア広島」

granvia-hiroshima

JR広島駅新幹線口(北口)から徒歩1分の場所にあるホテルグランヴィア広島

多くのビジネスマンに愛され続ける大型ホテル。

最上階のステーキハウスやスカイラウンジが人気です。

客室には本格的なコーヒーマシーンも完備され、出勤前の一服にいかがでしょうか?

もちろん全室WiFi完備です。

▼ホテルグランヴィア広島の詳細>>>

 

さいごに

出張旅行って移動だけで疲れるものです。

なので、ホテルはある程度しっかりしたものを選びたいですよね。

客室にはWiFiがあって、大浴場もある。

そんなビジネスマンに嬉しい広島市内の駅近ビジネスホテルを選んでみました。

今回の記事が、広島出張の参考になりましたら幸いです。

コチラの記事も合わせてどうぞ

広島のコワーキングスペースに行ってきた!WiFiと電源のカフェより便利な駅近徒歩3分の素敵空間

宮島のホテルランキング!広島旅行で1度は泊まってみたい人気のオススメ旅館をまとめてみた

国内旅行の格安航空券を最安値比較するときに見ておきたいオススメ予約サイト2選

ABOUTこの記事をかいた人

海外ノマドや旅行情報を中心に自身の経験を交えてブログで発信中。カメラやスマホなどのガジェット類も大好き(旅の7つ道具として紹介しています)。また、「タイ」をこよなく愛し1年の半分以上をパタヤとバンコクを中心に暮らしています。嫁はタイ人。