カップルにおすすめ!バンコクの「S31スクンビット」ホテルは恋人同士でも楽しめるから人気です

s31-sukhumvit
s31-sukhumvit

タイ旅行にカップルで行く旅行者も多いと思います。

恋人とは素敵なホテルに泊まりたいですよね。

今回は、パートナーに絶対に好かれるバンコクの「S31 Sukhumvit」ホテル特集です。

 

[adsense]

S31 Sukhumvit(エス 31 スクンビット)

バンコクのBTSプロンポン駅から徒歩約5分、スクンビット通りに面するホテルS31 スクンビット

このプロンポン駅は、日本人旅行者にも人気の宿泊エリアです。

S31 スクンビットはモダンで高級な雰囲気をしており、タイ旅行でも人気ホテルの1つに数えられます。

特に「メゾネット(ロフト)タイプ」のホテルは、カップルにもオススメですよ。

また、ホテル周辺にはショッピングセンターも多く位置しており、大変便利な好立地。

日本食レストランやスパ、マッサージなどにも困りません。

夜はバーや屋台なども立ち並び、お隣のBTSアソーク駅周辺はまさに眠らない街「バンコク」を体験可能。

ちなみに、日系企業のオフィスが多いのもこの地区です。

 

S31 Sukhumvitがカップルに人気な3つの理由

s31-pool

このホテル「S31 スクンビット」は実はカップルにも人気が高いです。

その理由として今回は3つを挙げてみました。

駅にも近くて、メゾネットタイプ。

人気の理由はコレだ!

理由①「豪華客室」

s31-hotel

S31 スクンビットには、デラックスなど通常の客室の他にカップルにオススメの2つのタイプがあります。

それがメゾネット(ロフト)タイプのスイートと、パノラマタイプのスイートです。

メゾネットスイートは、英語でDuplex(デュープレックス)と呼び、つまりお部屋がロフト式に2つ存在します。

もちろん日本の賃貸物件のような簡易的なロフトじゃありませんよ!

S31 スクンビットは、もはや部屋が2つあるのと同等です。

広々ゆったりとカップルで楽しめますね。

また、Panorama(パノラマ)スイートは、名前の通り客室が一面ガラス張り。

外の景観を恋人同士で2人占めしてみませんか?

理由②「スパとフィットネスジム」

s31-spa

S31 スクンビットは、彼女も喜ぶ本格的なスパ・マッサージ(有料)を提供しています。

もちろんホテルの周辺には、地元のマッサージ店がいくつもあったりします。

ですが、せっかくならばホテルの高級スパを楽しんでみませんか?

また男性には嬉しいフィットネスジムも完備。

ホテルでは珍しく本格的なサンドバッグが備え付けられています。

プールもあってフィットネスもある。

運動の後は、スパやマッサージでリラックス。

そんな魅力的なバンコクライフを楽しむことが出来ますね。

理由①「ホテルの立地」

asok-phromphong

S31 スクンビットの最大の魅力。

それは何と言ってもホテルの立地にあります。

ホテルの最寄り「プロンポン駅(BTS)」に直結するように、エンポリアムという大型ショッピモールがあります。

このショッピモールには、高級ブランド店やレストラン、もちろん日本食だって楽しめちゃいます。

また、お隣のBTSアソーク駅にも併設のショッピモール「ターミナル21」あり。

もちろんBTSに乗らずとも歩いても行ける距離です。

S31 スクンビットを含むプロンポン駅からアソーク駅周辺は、レストラン・バー・コンビニ・スーパーなど生活に困ることがありません。

日本人駐在員が多いことから、日本人が便利なお店も多く点在しています。

カップルでのタイ旅行はS31 スクンビットで決まりですね。

▼S31 スクンビット ホテルの詳細>>>

bangkok-agoda

 

さいごに

タイ旅行をカップルで行くって本当に素敵な選択だと思います。

バンコクならば、スカイバーも安いですし、スパやマッサージもあります。

また、お隣のアユタヤに2人で行って象に乗ったて良い。

タイ旅行の拠点に、S31 スクンビットを選択肢てみるのはいかがでしょうか?

コチラの記事も合わせてどうぞ

タイ・バンコク在住の僕が、2泊3日のバンコク旅行プランを組んでみた!初めてのバンコクならここへ行けば間違いなし

パタヤに彼女を持つ僕が厳選するエリア別オススメ人気「ホテル」ランキング10選

タイ旅行で借りたいポケットWiFiレンタルサービスを徹底比較してみた

ABOUTこの記事をかいた人

海外ノマドや旅行情報を中心に自身の経験を交えてブログで発信中。カメラやスマホなどのガジェット類も大好き(旅の7つ道具として紹介しています)。また、「タイ」をこよなく愛し1年の半分以上をパタヤとバンコクを中心に暮らしています。嫁はタイ人。