LCC機内でいつも暇を持て余す僕が今後のために時間のつぶし方を7つ妄想してみた

DSCF3748

国内・海外旅行ともに増えてきている格安航空。

価格の安さが売りですが、画面もないし食事もないので暇を持て余すこともしばしば。

皆さんは、LCC機内でどうやって時間を潰しますか?

今回は次のフライトのために「時間をつぶす方法」を妄想してみました。

 

①Kindleで電子書籍を読む

潰せる時間:トータル2時間

まあ、これは基本中の基本ですよね。

僕もLCCの中では、よくKindleで電子書籍を読んでいます。

特に時間があるので長編小説がほとんど。

最近LCC機内で読んだのは、『ドミノ』でした。

ただ、やっぱり飽きてしまうわけですよ。

最初の1時間をダーッと読んで、疲れてしまいます。

その後も、事あるごとに15分くらいずつですが読んだりしてなんとか潰せてもトータル2時間くらい。

福岡発タイ行きの飛行機なら、残り4時間は余ってしまいます。

 

②iTunesで映画を見る

潰せる時間:2時間

これも定番かもしれません。

僕は旅行の前日に、見たい映画をダウンロードしておきます。

iPadとかiPad miniとかでスタイリッシュに見れると良いのですが、僕は持ってません。

なので、端末はMac Book Air。

iTunesってHuluと違って映画のレンタルでもダウンロードしておけるから便利ですよね。

最近は、実写版『ルパン三世』を見ました。

これだと2時間くらいは潰せますが、まだ時間が余る。

 

てか、毎回そんなショボくて良いのか!?

really

てか、ぶっちゃけ読書をするとか映画見るとか、何度もLCCに乗っていると飽きてきます。

更にいつも通りに時間を潰そうとする自分の妄想がイヤになってきました。

なので思い切ってみたらどうか。

男性なら1度は想像したことのあるシチュエーション。

これだったら、本気で挑戦すればLCC機内の時間なんてあっという間に潰せそうです。

むしろ「福岡 – タイ間」なんかじゃ短すぎてヨーロッパまで行けてしまいそう。

これはイケるぜ!

 

③可愛いスチュワーデスさんに思い切って話しかける

潰せる時間:3時間

その思い切った行動とは、LCC機内で1番可愛いスチュワーデスさんに話しかけること。

そうなれば、搭乗の段階からが勝負。

可愛いスチュワーデスさんの選定から、自分をいかに爽やかに見せるかまで。

ひと時も気を緩めることが出来ません。

てか、もしかしたら悪いクセで「可愛い」という定義から考えてしまうかもしれません。

例えば、外見は100点満点だけど中身が最悪な子は可愛いと言えるのかとか。

仮に黒木メイサばりのスチュワーデスだったとしても、美人であって実は可愛いとは言えないのではないかとか。

思考の迷路に彷徨ってしまった僕は、これだけで1時間以上を費やすでしょう。

よし、このスチュワーデスだ!と決めてからもまた長い。

超がつくほどの人見知りで奥手な僕は、ヒトコト話しかけるだけでも更に2時間は躊躇してしまいます。

ただ、覚悟を決めてからが短い。

それが本当に致命的なんですが、僕は会話が弾むほど饒舌ではない。

そんな感じなので、思い切って話しかけても即終了。

3時間はあっという間に時間を潰せますね。

 

④「現地で会おうよ」と告白する

潰せる時間:30秒

そんな饒舌ではない僕は、腹を決めると以外に大胆。

てか、会話を弾ませるスキルがないので、「チキショー。言っちゃえー!」って感じ。

大目に見ても30秒は時間を潰せますね。

 

⑤無視されて「∑(゚Д゚)ガーン」ってなる

潰せる時間:5時間

最初から結果は見えてましたが、現地で会う約束は100%取れないでしょうね。

「ムリです・・」って断わってくれたら良い方で、99.9%は無視されること間違いなしです。

分かっていても、やっぱり落ち込むもの。

人よりも打たれ弱い僕は、短く見積もっても4時間は永遠に落ち込んだまま。

ちなみに、トイレで涙を拭いたり泣き疲れて眠ってしまう時間を合わせると合計で5時間。

「福岡 – タイ」間なら、これだけで到着してしまう勢いで時間を潰せますね。

 

⑥それでも何とか連絡先を聞き出す

潰せる時間:1時間

LCC機内で死ぬほど落ち込むこと5時間。

開き直った僕は本当に強い。

強くなったというよりは、ネジが1本飛んでしまった感じ。

落ち込み過ぎて一周回ってしまった今の僕は、明石家さんまさんばりの饒舌です。

スチュワーデスさんとのトークが進む進む。

トークというよりも僕1人の独演会。

マシンガンの如く話すこと、ゆうに1時間。

僕の魅力にハマってしまったスチュワーデスさんは、なんと自ら連絡先を教えてくれるのです。

・・いや、好意で教えてくれたのではありません。

教えてくれるまで離さない僕に嫌気が差し、「泣く泣く教えた」と言った方が正解かもしれませんね。

この騒動で、潰せた時間は1時間です。

 

⑦到着までに彼女への言い訳を考える

潰せる時間:2分

我に返った僕の右手には、なんと!可愛いスチュワーデスさんの電話番号があるではないですか。

なんか分からんけど、ラッキー!なこともあるものですね。

可愛いスチュワーデスさんと、あんなことやこんなことや・・そんなこともあるかもしれない。

でも、彼女はどうしよう?

迷うこと2分。

ま、何とかなるよね。

ここで潰せた時間は驚異の2分間。

可愛いスチュワーデスさんとのデートに胸を膨らませながら、LCCの到着ゲートを後にする僕なのでした。

 

さいごに

・・いやまてよ。

今の彼女に嫌われるのは絶対にイヤだ。

喧嘩になると面倒だから、やっぱり次のLCCでも時間を普段通り持て余すのが無難かな。

そんなこんなで、次回のLCC機内も退屈しそうな予感。

ヘタれな僕は、いつも通り読書や映画で時間を潰すことにします(笑)。

おしまい。

(※今回の記事こそ暇つぶしのために書いた「妄想話」です。お付き合い下さりありがとうございました。)

expedia-half imoto-wifi

ABOUTこの記事をかいた人

海外ノマドや旅行情報を中心に自身の経験を交えてブログで発信中。カメラやスマホなどのガジェット類も大好き(旅の7つ道具として紹介しています)。また、「タイ」をこよなく愛し1年の半分以上をパタヤとバンコクを中心に暮らしています。嫁はタイ人。