エストニアへの移住から早すぎる撤退で何かと話題の多い小野田さんにインタビューしてみた【合同企画】

estonia

エストニアってどんな国?

そう思った読者の皆さん、僕も全く持って同じ思いです。

だいたいヨーロッパのどこにあるのかも、そもそもヨーロッパにあるのかさえ疑わしいですよね(笑)。

なので、今回は海外ブロガー友だちの小野田さんにいろいろとインタビューしてみました。

ブログのPVや詳しい収益の話なんかも満載だぞ。

 

海外ブロガー合同企画って何?

先ず初めに、このインタビュー企画がスタートした経緯からご説明します。

長いことブログを書いているうちに、共通項で自然と他のブロガーさんと仲良くなりました。

その僕らの共通項が「海外」で、やっぱり海外移住組とか半移住(デュアルライフ)組ブロガーと情報交換したり親密な関係になるワケです。

で、そういったメンバーでSkypeなんかでワイワイ話しているときに「お互い実は会ったことないメンバーが大半だよね」ってことになりました。

そしてお互いに知らないことだらけだから、レリー形式でインタビューし合ったら楽しいんじゃない?と。

つまり悪ノリ(笑)で始まったこの海外ブロガー合同レリーインタビュー。

いよいよ言い出しっぺの僕(3人目)に「さがやんパイセン(@sagatman)」から回ってきてしまいましたとさ。

※前半のお2人へ:僕の回の更新が死ぬほど遅くなりまして、すんません。。(苦笑

記念すべき1人目は「まえちゃんさん⇨さがやんパイセン」

▼【合同企画】NYのブロガー生活って?ニューヨークブロガーさがやんに12の質問をぶつけてインタビューしてみた

2人目は「さがやんパイセン⇨僕」

▼「タイは第二の故郷」タイ在住ブロガー・SEKATABIのゆーたろロングインタビュー【海外ブロガー企画】

 

インタビューした小野田さんの自己紹介

onoda-kankeri02
ゆーたろ
本日は、どうぞ宜しくお願い致します。では、さっそくですが小野田さんの自己紹介をお願いします!
小野田
小野田 正史(おのだ まさし)1986年生まれの29歳。会社を辞めてエストニアに移住するも9カ月で撤退しました。現在は、韓国人の嫁と日本・韓国で生活中です。また、ブログの収入で生計を立てるプロブロガーでもあります。

ブログ:http://kankeri02.com/

ゆーたろ
超ザックリとした自己紹介ありがとうございます(笑)。これから、ドンドン深掘りしていきますよー。
小野田
だって、100文字程度で良いって言われたから(笑)。

 

エストニア移住の魅力

estonia-kankeri02
ゆーたろ
自己紹介でいろいろと面白いキーワードが出てきましたが、先ずはエストニアへの「移住」ついて聞かせて下さい!そもそも何でよく分からない(笑)エストニアなんて国に移住しようと思ったんですか?
小野田
ブログの収入をメインに生活する予定だったので、物価の安い国が必須条件でした。また数年スパンで生活をする予定だったので、ビザが取得しやすい国を探してました。この条件だとカンボジアが一番良いと最初は考えました。ですが、カンボジアは既に日本人が多く住んでおり、どうせ行くなら日本人に開拓されていない国のほうが面白いと思ったのでそういった国を探しているときに存在を知ったのがエストニアです。
ゆーたろ
なるほど、確かにカンボジアは面白いですが日本人かなり増えていますよね。「日本人が少ない」っていうのはかなり良い着眼点ですね。だからエストニアだったのか。ところで、エストニアでの滞在期間って結局どのくらいでしたかね?
小野田
エストニアには計9ヶ月滞在しました。できればもっと住みたかったです。
ゆーたろ
お、意外と長かったんですね!エストニア滞在中で特に印象に残っていることってありますか?

エストニアで特に印象に残ったこと

小野田
自分のブログにも書いていますが、エストニアの映画に死体役として映画に出演したことが一番印象に残っていることですね。カフェでブログを書いていたら映画監督から「アジア人を探しているけど映画でない?」と声を掛けられ、出演することになりました。エストニアはアジア人がほとんどいないので、アジア人というだけで目立ちます。今ではアジア人がほとんどいない国はあまりないと思うので、そういった意味ではエストニアを選んでよかったと思います。

そのときの記事:エストニアの映画にエキストラとしてスカウトされました!給料はいくら?など全て大公開!

ゆーたろ
あのときの記事は僕も覚えてますよ!羨ましいな・・って見ていました。日本人が少ない国ってそういうメリットがあって良いですよね。僕もエストニアに行こうかな・・(笑)。でも、そんなにまで小野田さんが気に入ったエストニアから撤退しなくちゃいけなかったと?

 

エストニアから撤退した本音の話

onoda-tettai
ゆーたろ
読者も気になっているであろう「撤退」の本音を詳しく聞かせて下さい!
小野田
さっきも述べたように、エストニアには計9ヶ月滞在しました。できればもっと住みたかったのですが、ビザ取得には思っていた以上に維持費が掛かることからです。もともとエストニアは物価が安くて住むことを決めたのに、それ以上にビザの維持費が掛かるとなると本末転倒なので、嫁と相談してエストニアを去ることにしました。

ビザ問題は海外移住組での永遠のテーマ

ゆーたろ
海外移住にあたって1番の課題は、やっぱり「ビザ」ですよね。僕も今後のタイ移住ビザをどうしようかで頭を抱えています・・(涙)。
小野田
早くタイ人の彼女と結婚しちゃいなよ(笑)。
ゆーたろ
ま、そうなんですけどね(笑)。

 

小野田さんの奥さんは実は韓国人女性だった!

onoda-hara
ゆーたろ
小野田さんの口からせっかく奥さんのお話が出たので、もう少し突っ込んだ話を詳しく聞かせて下さい!読者の皆さん、小野田さんの奥さんは実は「韓国人」なんですよ!よく奥さんの話は小野田さんのブログに出てたので、存在は知っていましたがスゴく可愛い方なんですね。写真を見るのは初めてだったので、これは超貴重だ(笑)。ところで、韓国人の奥さんとの出会いってどんなんだったんですか?
小野田
妻とは大学時代にタイを一人で旅行していた時に滞在したゲストハウスで知り合いました。そのあとに彼女がワーキングホリデーで日本に来て、交際がスタートしました。
ゆーたろ
旅先での恋・・。メチャメチャ素敵な話じゃないですか!しかも、タイっていうのが親近感持てます。ところで、小野田さんも知っているように僕の彼女がタイ人で国際恋愛なので先輩に聞きたいことがあります!付き合うだけでも、文化の違いや言語など大変だったりするのですが国際結婚ってどんな感じですか?良いところはたくさんあると思いますので、逆に大変だなって感じるところを教えて下さい(個人的に今後の参考にさせて頂きます・・笑)。

国際結婚の良いところ・大変なところ

小野田
私の場合は、最初親に外国人と結婚することを反対されました。これを説得するのに相当苦労しました。またお互い国籍が違うので、旅行や海外移住をするとなるとビザの条件が違ったりするので、そこらへんが面倒ですね。
ゆーたろ
両親に反対されるのは本当に大変そうですね。でも、ご結婚できて本当に僕も嬉しいです!そうか、国籍が違うから確かにビザの条件とかはネックですよね。僕もその辺を結構心配しています・・。では、せっかくですのでこれから国際結婚しようと考えてらっしゃる読者へ何かアドバイスをお願いします!
小野田
国際結婚は面倒なことが多いです。ただ、国際結婚はビジネスチャンスを掘り出すことも実はあります。私の場合、韓国人の嫁から韓国で最もホットな話題や商品をネットで探してもらい、それをブログの記事にしたり、企業から仕事を頂いたこともあります。あと韓国だと国際結婚をした配偶者は銀行の特別金利で定期預金ができたり、国から特別対応してもらえます。他の国でもこういった国際結婚をすると優遇される制度があるかもしれないので、逆に国際結婚をうまく活用してみてると良いと思います。
ゆーたろ
確かに、国によってはいろいろと優遇措置がありますよね。実はタイもその国の1つです。

▼タイ人の恋人を持つ人たちに贈る!結婚ビザなら1年更新でワークパーミットも取得できるぞ

 

ブロガーとしての小野田さんに詳しく聞いてみた!

blog
ゆーたろ
では、ここからはブロガーとしての小野田さんに質問です!ブログを始めたきっかけは?
小野田
ブログは社会人3年目(5年前)のときに無料ブログのFC2で始めました。タイトルは「海外生活(起業)を目指す24歳の日記」です。今思うとちょっと恥ずかしいタイトルです(笑)。新卒で入った会社で海外勤務を希望していたのですが、中々できなさそうでそれであれば自分で海外で起業をしようと考え、ブログを書くことで会社を退社する決心を高めようとしたのがブログをスタートさせたきっかけです。当時はアフィリエイトも独自ドメインなんてのも全く知りませんでした。

kankeri02のPVと収益大公開!

ゆーたろ
そこからの躍進ぶりはスゴいですよね。今や、「kankeri02」は海外ブロガー界隈では有名ブログですからね。そんな小野田さんのブログですが、今の月間PVと過去最高の月間はどんな感じですか?
小野田
現在のPVは13万PVで、過去最高も13万PVです。つまり今のPVが過去最高です。ここ1年間アクセス数の伸びがなく悩みの1つでしたが、最近は徐々にまた伸びてきました。
ゆーたろ
それはスゴい!13万PVですが・・羨ましい限りです(笑)。しかもドンドン伸びてる。ブログって本当に面白いですよね。ところで、ブログを始めて良かったなって感じることってありますか?
小野田
色々とありますが、やはりお金です。今ブログで月20〜50万円の収入があって、この収入で生活をしています。あともちろんブログを通じて、ゆーたろ君など多くの海外で活躍するブロガーと知り合うことができたのも大きいです。どうしても昔からの知人や勤めていた会社の同期だとブログとか海外だとかの話は中々できなかったのですが、これらの話ができるようになったのは嬉しいですね。
ゆーたろ
1PV=最大5円って・・バケモノブログですね。僕もマジでいつも参考にさせて頂いてます。僕はともかくとして(笑)、海外で活躍されてる人って実は多くてそういった人たちと繋がれるからこそブログって素敵だなって心から思えますよね。確かに日本の会社だと、そんな話は絶対に出来なさそう。

 

「kankeri02」で思い入れのある記事は?

onoda-travel
ゆーたろ
そんな小野田さんのバケモノブログ「kankeri02」ですが(笑)、思い入れのある記事を3つ教えて下さい!。

思い入れのある記事1つ目

小野田
韓国で結婚式をしました。内容、費用などを一挙大公開!

韓国で結婚式をしたときのことを費用含めて紹介した記事です。あまり私のことも韓国人の嫁のこともブログには恥ずかしいので書いていないのですが、このときはおもいって書きました。ゆーたろ君も是非、タイ人の彼女と結婚式を挙げたときはタイバージョンの記事を書いて欲しいです(笑)。

ゆーたろ
いやいや、小野田さんも結構な頻度で韓国人奥さんネタを記事にされてらっしゃるイメージがありますが・・(気のせい?)。はい!僕も普段はタイ人彼女のネタを記事にしないのですが、ぜひ記事に書きますよー(笑)。

思い入れのある記事2つ目

小野田
私がエストニアで起業・移住しようとした10つの理由

エストニアに移住してすぐに「なぜ私がエストニアに移住したのか?」を書いた記事です。この記事はバズってグノシーにも掲載されました。

ゆーたろ
これはかなり読まれてましたね!僕のTwitterのタイムラインにもバンバン流れてきてました。グノシーにも掲載されてたとは知らなかった・・(すげぇー!)。海外ブロガー同士でSkypeミーティングしだしたのも、ちょうどこの辺からだったですよね。

思い入れのある記事ラスト3つ目

小野田
エストニアを撤退することにしました。

エストニアを撤退することを決めた時の記事です。今までエストニアの記事を書いてもそこまで反響はなかったのですが、この記事を公開したところ「ここまで読者がいたのか!」と思うくらい沢山のメッセージを頂きました。

ゆーたろ
来ました!移住ネタからの撤退ネタ。小野田さんがいたからエストニアに遊びに行こうと思ってたんですが・・行く理由が無くなってしまいました(笑)。移住のメリットも挫折も全てネタとして記事にできる小野田さんは本当にスゴイと思います!

 

小野田さんが影響を受けたブロガーって?

shimajiro
ゆーたろ
これだけ収益性が高くて、それでいて面白い記事も載っているkankeri02ですが小野田さんが影響を受けたブロガーさんとかいらっしゃいますか?
小野田
影響を受けたブロガーは、@shimajiroさんです。shimajiroさんのブログを知り、独自ドメインでブログを運営するということを知りました。

simajiroさんのブログ:shimajiro@mobiler

ゆーたろ
なるほど!そうだったんですね。shimajiroさんのブログって速報性が高くて有益な情報が多いですよね。ガジェット好きの僕もよく拝見しております!

影響を受けた書籍もついでに教えて下さい!

ゆーたろ
では、次は影響を受けた書籍を教えて下さい。
小野田
私の影響を受けた本は、木村昭二氏の『終身旅行者PT』です。PT(パーマメントトラベラー)とは、世界中の国をロングステイしながら移動することで税金を払わないで生活するというライフスタイルで、まだまだ収入のない私にはあまり関係のない話ですが、この本と出会い海外でのノマド生活をしてみたいと思うようになりました。
ゆーたろ
これ、メッチャ面白そうですね。まさしく海外ブロガーっぽい書籍だ(笑)。僕もぜひ、読んでみます!

 

ブログの今後の目標は?

wt
ゆーたろ
収益性の高いブログを運営している小野田さんですが、今後の目標を教えて下さい!
小野田
目標は、ずばり30万PVです!30万PVとなれば私としては十分にプロブロガーとも世間的にも言えるますし、これだけのPVがあれば収益も十分だと思います。あとお金だけでなく、ブログを通してまたブログ以外の仕事を見つけていきたいです。
ゆーたろ
ブロガーと名乗るからには、30万PV行きたいですよね。僕はまだ10万PV止まりですが・・(涙)。小野田さんは確実に30万PV行くと思います。僕も楽しみにしていますよ!

次の移住候補地は?

ゆーたろ
ところで、次の移住先とか決まってるんですか?
小野田
エストニアを去った後は、ベルリンなど次の移住先を探していましたが、まずは大阪と韓国を拠点に活動をすることにしました。というのも私と韓国人の嫁がフリーで活動するにあたって最も得意としている領域はそれぞれが生まれ育った日韓です。そのため、しばらくは日本と韓国で本気でブログ以外で稼いでみたいと思っています。ただ、また日本や韓国以外の国にも住んでみたいという気持ちはありますね。
ゆーたろ
確かに小野田さんとデザイナー奥さんとのタッグは強そうですね。これからも日本と韓国を繋ぐ面白い企画に期待しています。あ、あと僕が大阪に行ったらぜひ泊めて下さいね!笑

 

最後に「ゆーたろ」のことどう思ってますか?

yutaro-profile
ゆーたろ
本日はお忙しい中、インタビューにお答え頂きありがとうございました!改めて小野田さんのことを根掘り葉掘り聞けたのは新鮮な体験でした。最後に、この企画恒例の(?)質問です。僕(ゆーたろ)のこと、どう思ってますか?
小野田
1番、僕のブログの裏を知っているブロガーだと思っています。例えばどの記事が稼いでるのか?などですね。私もゆーたろ君が運営するSEKATABIの記事はいつも参考にしています。ブロガー友達でもあり、ライバルでもありますが今後も切磋琢磨したいです!
ゆーたろ
僕なんか小野田さんの「kankeri02」に比べると足元にも及びませんが・・そう言って頂けると光栄です(苦笑)。こちらこそ、ぜひまた情報交換しましょうね。改めまして、本日は本当にありがとうございました!!

 

さいごに

今回はインタビュー記事ということもあり、吹き出しを入れたりと少し凝った作りにしてみました。

でも・・これってメチャメチャ大変ですね。

たぶん、この形式は2度と使うことはありません(使っても少しだけとか)。

さてさて、海外ブロガー友だちの小野田さんへの質問はいかがでしたでしょうか?

既に彼のブログで書いてあることも多かったですが、1つのインタビューにまとめると何とも新鮮な印象ですね。

小野田さん・読者の皆さん、お忙しい中お付き合い下さり本当にありがとうございました!

最後に、僕が今回のインタビュー記事に関して言いたいことは1つだけ。

まえちゃんさん・さがやんさん、僕の回の記事執筆が大変遅くなりまして本当にゴメンなさい・・(笑)。

次は、小野田さんがはたして誰にインタビューするのやら・・。

皆さん、お楽しみに!

コチラの記事も合わせてどうぞ

タイで1ヶ月間ノマド生活するために必要な生活費を大公開します

タイのパタヤで基本ニートな僕がノマドワーカーを気取るときに普段使っているバックの中身を大公開します

まだ絶対収入で消耗してるの?年収1000万円を目指すより週10時間で300万円の方がずっとイイ

ABOUTこの記事をかいた人

海外ノマドや旅行情報を中心に自身の経験を交えてブログで発信中。カメラやスマホなどのガジェット類も大好き(旅の7つ道具として紹介しています)。また、「タイ」をこよなく愛し1年の半分以上をパタヤとバンコクを中心に暮らしています。嫁はタイ人。