Xperia Z5徹底比較表!Z5・Compact・Premiumで迷ったときに読んでほしい指南書

xperia-z5

Androidスマホの中でもファンが多いXperiaシリーズ。

Xperia Z5 Compactを愛用していますが、僕も絶対にオススメしたい端末です。

ただ、多くの読者はXperia Z5・Compact・Premiumでどれを購入するか迷っているはず。

そこで今回は、Xperia Z5シリーズを徹底比較してみましたよ。

 

「Xperia Z5 compact」3ヶ月使用レビュー!

DSCF4970

2015年10月初旬に冬モデルとして発売されたXperia Z5 Compact(海外SIMフリー版)

僕は少し遅れて、それでも同年10月末には香港から取り寄せました。

Expansysという香港にある会社で、日本語サイトも日本人スタッフもいるから安心して購入できましたよ。

そんなXperia Z5 Compactを僕はあれから既に、3ヶ月使っていることになります。

3ヶ月が経過しましたが、もちろん不具合もなく逆に手に馴染んできた感じ。

最近はずっと格安SIMフリースマホを使っていましたが、もはやそれらに戻ることは出来ませんね。

今では、Xperia Z5 Compactが生活の一部となりました。

僕が「Z5 Compact」を購入した理由

数あるスマートフォンの中で、僕が購入を検討していたのはXperia Z5 CompactかiPhone 6Sのどちらか。

iPhoneに関してはiPhone 3GSからのファンで、iPhone 4Sまでは僕もずっと好きでした。

新機種になればなるほど、iPhoneの価格は高騰してきましたよね。

その反面、性能や外観は特に変化なしだったので僕はiPhoneに飽き飽きしていきました。

ちょうどその頃、興味が出ていたのがXperiaシリーズです。

前モデルであるXperia Z3 Compactで、見事に僕の心は鷲掴みにされました。

そんな経緯で、今回Xperia Z5 Compactが発売されたと同時に思い切って購入に至ったワケです。

Xperia Z5 CompactのSIMフリー(香港版)を「Expansys」から購入レビュー

2015.10.20

 

「海外SIMフリー版」を購入した狙いは?

mineo

Xperia Z5 Compactをはじめ、Xperia Z5シリーズは国内大手3キャリアからも発売されています。

特にドコモから購入をしてしまえば分割払いも可能なため、経済的にも良いですよね。

しかし、僕があえて海外SIMフリー版を購入したのには理由があります。

1つが「海外でも使える」から。

僕の生活の舞台は、基本的に東南アジアのタイです。

なので1年の大部分を海外で過ごしていますから、スマホも海外で使えるものでなくてはなりません。

ドコモなどの大手3キャリアで購入してしまうと海外のSIMカードでは使えないワケですね。

2つ目が、「日本国内にいるときは格安SIMカード会社を契約する」ため。

僕の携帯経歴はドコモ⇨ソフトバンク⇨現在(格安SIMカード会社)といった具合です。

今までは大手キャリアでしたが、海外に出てみて日本のスマホ代がいかに高額かを思い知らされました。

現在では、スマホ代を1/3に抑えられる格安SIMフリー会社(MVNO)と契約していますよ。

スマホ代が月々1,000円台ですので、節約したい読者はぜひ下記をご覧下さい。

auとドコモ回線で使える格安SIMカード会社「mineo(マイネオ)」の評判とオススメ料金プラン

2016.01.24
海外SIMフリー版のメリットまとめ!

・海外旅行でも海外のSIMカードが使えるからスマホ代がオトク!

・日本なら「mineo(マイネオ)」などの格安SIMカード会社で節約できる!

 

「Xperia Z5」シリーズ比較表!

 Xperia Z5  Xperia Z5 Compact  Xperia Z5 Premium
 OS  Android 5.1(Lollipop)  Android 5.1(Lollipop)  Android 5.1(Lollipop)
 画面サイズ  5.2インチ  4.6インチ  5.5インチ
 バッテリー  2,900mAh(最大2日間)  2,700mAh(最大2日間)  3,430mAh(最大2日間)
 処理能力  3GB  2GB  3GB
 容量  32GB  32GB  32GB
 SIMカード  Nano SIM/デュアルSIM  Nano SIM  Nano SIM/デュアルSIM
 前面カメラ  500万画素  500万画素  500万画素
 背面カメラ  2,300万画素  2,300万画素  2,300万画素
 動画撮影  前面1,080p/背面4K  前面1,080p/背面4K  前面1,080p/背面4K
 防水仕様  OK  OK  OK
 SDカード  Micro(200GBまで)  Micro(200GBまで)  Micro(200GBまで)
 サイズ  146 x 72 x 7.3mm  127 x 65 x 8.9mm  154.4 x 75.8 x 7.8mm
 重さ  154g  138g  180g
 解像度  1,920 x 1,080  1,280 x 720  3,840 x 2,160(4K)
 カラー  ホワイト/ブラック/ゴールド/グリーン  ホワイト/ブラック/イエロー/コーラル  クローム/ブラック/ゴールド

上の比較表では、Xperia Z5シリーズの機能をまとめています。

Xperia Z5・Premium・Compactと比較表を見る限り、大きな違いはなさそうですね。

OSもAndroid 5.1(ロリポップ)ですし、気になるカメラ性能も前面が500万画素で背面が2,300万画素。

また、どちらもNano SIMとmicro SDカードが200GBまで対応しています。

しかし、注目してほしいのが画面サイズと解像度。

画面サイズと改造どうは、端末自体の大きさに完全に依存しますよね。

Xperia Z5とPremiumは5インチ以上で大差なさそうですが、解像度を見るとPremiumのみ4Kです。

そのため、もしXperia Z5とZ5 Premiumの購入で悩んでいるなら少しお値段高くてもPremiumの方が良いかなといった印象。

画面サイズも5.5インチと大きいですしね(ただし、どちらも片手操作は難しい)。

僕はスマートフォンにコンパクト性を求めていますので、一回り小さい4.6インチのXperia Z5 Compactを購入しました。

なお、処理能力はXperia Z5 Compactが他より1GB遅くて2GBです。

購入するときに処理能力に少し不安がありましたが、3ヶ月使用してみたところXperia Z5 Compactでもサクサクですよ。

ゲームをやり込んだりする分にはRAMが大きい方が良いですが、僕はゲームを一切しないので問題ナシ。

ちなみに、実は一応レビューを書くためにXperia Z5 Compactでゲームをしてみました。

しかし特にモッサリとした印象はありませんでしたね。

この辺は好みによりますので、あくまでも参考程度に思って下さい。

 

「Xperia Z5」シリーズ料金比較!

   Xperia Z5  Xperia Z5 Compact  Xperia Z5 Premium
 Expansys  販売終了  42,270円〜  57,285円〜

(※上の表は2016年6月21日現在の料金となります)

今回は、海外SIMフリー端末を1番安く購入できる「Expansys(エクスパンシス)」での料金をまとめてみました。

僕が購入した8ヶ月前よりもビックリするくらい安くなっていますね。

特にXperia Z5 Compactなんか、販売当初より3万円以上も値段が下がっています。

Androidスマホは期間が経てば基本的に安くなっていきますので、決して人気がないワケではありません。

現にXperia Z5 Compactのカラーによっては入荷待ち状態。

特に人気が高いのはホワイトとブラックですね。

さて、これは僕も今日知ったのですがXperia Z5に「新色(ピンク)」が登場したみたいです。

現在は「仮注文」中と表示されていますが、おそらく今月末ですかね。

女性に人気が出そうなこと間違いなしです。

なお、僕がExpansysでの購入をオススメするのはAmazonだと高額過ぎるから。

この理由は、ExpansysはSONYモバイルの正規代理店だからです。

またAmazonでXperiaを販売しているほとんどが個人輸入。

つまり並行輸入品を取り扱っているワケですね。

ひょっとしたら、Amazonで販売されている皆さんはExpansysから転売してるのかしら。

Amazonで販売されているXperia Z5 PremiumなんてExpansysの2倍以上の価格となっています・・。

▼Amazonで料金を・・一応確認

Expansys(エクスパンシス)の関税代を計算する方法

expansys-jp

そんな安いExpansysですが、安いがゆえに少しデメリットもあります。

と言っても些細なことですのでご安心下さい。

そのデメリットとは、購入の際に関税(もしくは消費税)が発生してしまうこと。

商品受け取りの際にこの代金を現金で支払わなければなりません。

僕も、Xperia Z5 Compactを受取る際に支払いました。

ただし大きな金額じゃなく僕の場合は3,100円でしたよ(当時の商品代金は68,900円)。

ここでは、Expansysで購入したときに発生する関税(もしくは消費税)の計算方法を書いてみました。

(例)Xperia Z5 Compact:68,900円の場合

計算式:48,230円(商品金額の70%)× 8%(関税または消費税) = 3,858円(実際に現金で支払う金額)

だいたいこのような計算式になるようです。

ですが、実際に支払う金額はこれよりも少し安いはず(僕は3,100円でした)。

あくまでも参考値でして、商品が届くまで代金は確定しませんが大きくハズレることはないと思われます。

▼Xperia Z5シリーズの詳細

 

さいごに

僕の中で、ダントツ大好きなスマホは間違いなくXperia Z5シリーズです。

特にXperia Z5 Compactはサイズ感も最強そのもの。

スマホは毎日ずっと使うものですから、自分にピッタリの端末を購入したいですよね。

SONYモバイルの英知を集結させたXpria Z5シリーズ。

そんな素敵な端末を1つ1つ妥協ナシで、徹底比較してみました。

今回の記事が、Xperia Z5選びの参考になりましたらXperiaファンの僕としても幸いです。

expansys-xperia 2717932

ABOUTこの記事をかいた人

海外ノマドや旅行情報を中心に自身の経験を交えてブログで発信中。カメラやスマホなどのガジェット類も大好き(旅の7つ道具として紹介しています)。また、「タイ」をこよなく愛し1年の半分以上をパタヤとバンコクを中心に暮らしています。嫁はタイ人。