JR東京駅から高速バスで成田空港までの行き方(ついでに第3ターミナルを紹介するよ)

narita-3rd

約1年ぶりに東京へ行ってきました。

今回は、成田空港を使ったのですが東京から成田空港って以外と便利ですよね。

JR東京駅(八重洲口)から1,000円で高速バスが出ています。

ただ、あまり慣れない東京ですから少し迷いました。

そこで今回は、東京駅から成田空港まで格安バスを使って行く方法を書いてみました。

 

先ずは「JR東京駅(八重洲中央口)」に向かおう!

jr-tokyo

今回、僕は大学時代の同期の結婚式に参加するため東京にやってきました。

最後に東京へ来たのが昨年の桜の時期ですから、1年ぶり。

前回は、ほぼ初めてでしたから電車とかバス移動とか大変でした。

しかし流石に2回目ですから、今回はブログを書くための写真撮影なんかも出来ましたよ(笑)。

余談はさて置き、ここからはJR東京駅から成田空港への行き方を書いていきます。

東京から成田空港へ向かうには、電車とバス(もちろんタクシー)という2つの方法がります。

どちらも試してみましたが、1番便利で安い方法はやっぱり高速バスでした。

高速バスなら片道1,000円ですし、以外と成田空港まで1時間ちょっとしかかかりませんよ。

僕も今後は東京に行く機会が増えてきますので、忘却録として書いてみました。

①JR東京駅到着後「八重洲中央南口」へ

tokyo-yaesu

JR東京駅に到着したら、八重洲中央口方面へ向かって下さい。

ちなみに、東京の電車網はかなりごちゃごちゃしていますから僕は苦手です。

そんな僕は東京メトロやモノレールなどに乗っても、東京に向かうために最後は必ずJRに乗り換えるようにしています。

JR山手線に乗ってしまえば間違いなく東京駅に停車しますから、心理的にも安心。

少し暗い遠回りになる場合でも、初めて東京に行く旅行者はぜひ最もシンプルなJR山手線をご活用下さい。

さて、JR東京駅に到着したら成田空港行きのバス乗り場は八重洲中央口方面となります。

もっと言えば、「八重洲中央南口」方面。

②八重洲中央南口に到着後「そのまま外」へ

yaesu-bus

上の写真のように、高速バス乗り場は右方向(八重洲中央南口)となります。

八重洲中央南口バス乗り場からは成田空港行き乗り場以外にも、1〜8番乗り場まである巨大なターミナル。

成田空港行きの高速バスが出ている乗り場は、端の方にある「⑦番乗り場」です。

③「7番乗り場」から成田空港行きバスに乗車

bus-narita

いよいよ、成田空港行きの高速バスが見えてきました。

このバスはJRが運行していて、基本的に10〜20分(時間による)おきに出発します。

片道1,000円(予約不要)。

混雑している場合は次のバスに乗る必要がありますので、時間に余裕を持って乗車した方が良いですね。

僕の場合は、ゴールデンウィーク2日目の日曜日でしたが席は1/3くらい余っていました。

この成田空港行き高速バスは、第1〜3ターミナル全て停車します。

ただし、停車の順番が「第2ターミナル⇨第1ターミナル⇨第3ターミナル」ですのでお気を付け下さい。

所要時間は第2ターミナルなら1時間10分、第3ターミナルなら1時間20分。

もちろん道路交通状況によって、多少前後します。

「JR東京駅➨成田空港」高速バスまとめ!

・JR東京駅の成田空港行き高速バスの乗り場は八重洲中央南口!

・バス乗り場(ターミナル)⑦番!

・片道1,000(予約不要)で所要時間は約1時間10〜20分!

 

成田空港行き高速バス車内はこんな感じ

jr-bus

高速バスは思ったよりも快適でした。

各席も、気持ち市内バスより広いイメージですかね。

1時間ちょっとバスに乗りますから、やっぱりこれくらい広いと嬉しいです。

また、車内にはトイレもありますよ。

ただしバスが動いているときはスゴく危険ですから、くれぐれもお気を付けて。

残念ながら電源コンセントはナシでした。

所要時間は1時間10(第1〜2ターミナル)、1時間20分(第3ターミナル)。

 

第3ターミナルはコンビニやレストランも充実!

narita-3rdairport

いよいよ第3ターミナルに到着です。

僕は爆睡しちゃいましたので、なんだか直ぐに付いた感覚ですね。

第3ターミナルはちょうど1年前にオープンして、LCC(格安航空会社)専用のターミナル。

僕は昨年オープンの3日目に初めて降り立ちましたが、いつ来ても快適です。

第1にローソンがあること。

僕はコンビニ大好きで、何かあれば必ずコンビニで買い物をします。

お菓子もおにぎりも充実しているから、搭乗前にちょっと腹ごしらえなんてことも出来ますね。

そして第2に、レストランもそうですが机(デスク)がたくさんあること。

僕は旅するときは必ず早めに空港に行って、パソコンを開いて記事を書いたり作業をすることが多いです。

第3ターミナルは、そういったビジネスマンやノマドワーカーに最適。

全席オープンデスクですから、広々ゆったり作業が出来ますね。

もちろん無料WiFi完備ですよ。

WiFiもあるからノマドワーカーに嬉しいよね

narita-wifi

成田空港には、無料WiFiサービスがあります。

訪日外国人向けのようですが、もちろん日本人も使用可能ですよ。

接続は簡単で、「FreeWiFi-NARITA」に接続するだけ。

するとブラウザ(インターネット)に繋げば、上の写真のような画面が出てきます。

「インターネットに接続する」をクリック(もしくはタップ)すれば、あとは自動的に接続完了。

パスワードはありません。

なお、公共WiFiになりますのでセキュリティは自己責任で。

超快適ですから、僕も1時間くらい作業をしてて飛行機に乗り遅れそうになっちゃいました(笑)。

 

さいごに

成田空港って不便なイメージが強いですが、実は高速バスに乗れば直ぐですよね。

所要時間も1時間20分(第3ターミナル)くらいですから、東京を少し早めに出さえすれば問題ありません。

ただ、高速バスの不満点を1つ挙げるなら車内に電源コンセントが無いことくらい。

これだけスマホが普及していますから、1時間以上乗るバスには必ず電源コンセントを付けてほしいですよね。

それ以外は料金も1,000円と安く大満足でした。

これからもずっと東京行きは、成田空港着のLCC(格安航空会社)を活用していきます。

今回の記事が、東京から成田空港へ向かう方法を探している旅行者の参考になっていましたら幸いです。

コチラの記事もあわせてどうぞ

国内旅行の格安航空券を最安値比較するときに見ておきたいオススメ予約サイト2選

東京ディズニーリゾート攻略法!ランドとシーのアトラクションを2日で全て回り切った僕の方法

東京ディズニーリゾートで泊まった「アパホテル東京ベイ海浜幕張」が快適だったのでレビューしてみる

ABOUTこの記事をかいた人

海外ノマドや旅行情報を中心に自身の経験を交えてブログで発信中。カメラやスマホなどのガジェット類も大好き(旅の7つ道具として紹介しています)。また、「タイ」をこよなく愛し1年の半分以上をパタヤとバンコクを中心に暮らしています。嫁はタイ人。