海外と日本を行き来するブロガーの僕が手ぶらで出歩くときの持ち物を紹介します

yutaro-tebura

バッグの中身を紹介するって企画を以前やりました。

おかげさまで反響が良かったので、今回は第2弾をやっちゃいます。

題して、「手ぶらで出歩くときの持ち物」まとめ。

どれだけの人が僕の持ち物に興味があるか分かりませんが(笑)、勝手に大公開しちゃいました。

海外旅行時でも日本帰国時でも、僕はコレだけでよく出歩いてますよ!

 

ポケットの中身はコレだけ!

my-pockets

僕は日本と海外(主にタイ)へ行き来していますが、どこにいてもポケットの中身はコレだけです。

主な持ち物は、財布(現金とクレジットカード)とガジェット類。

僕が日本でも海外旅行でも同じものを持ち歩く理由。

それは単に面倒だからです(笑)。

てか、日本と海外旅行で持ち物を変えていると絶対忘れ物をします。

なのでカード類も世界中で使えるものを持ち歩いていますし、スマホも海外版SIMフリー。

場所によって変えているなんて、絶対に考えられないワケですね。

海外にいようと、ましてや日本にいても同じものを常に持ち歩くって最高ですよ。

「海外旅行に行くからアレを持って行かなくちゃ!」とか「忘れ物をしたら大変!」なんて心配がありません。

今はLCCも発達して気軽に海外旅行に行けますから、持ち物なんてこんな程度でOKです。

最低限のモノは変えずに、必要に迫られたら現地で調達する。

毎回の移動で、持ち物の選別する時間や心配する行為こそムダですからね。

では、さっそく具体的に見ていきましょう。

 

ガジェット類は「SONY」多め

先ずは、スマートフォンなどのガジェット類から。

僕はSONYが大好きですから、3つ中2つもソニー製品でした(笑)。

本当は、ウェアラブルカメラ(後述)もSONY製にしようと悩みましたが他のものを購入。

結果的に良い選択だったと思っています。

てか、よく見ると3つのガジェット全て防水仕様ですね。

これもったままで、海にダイブできちゃう(笑)。

Xperia Z5 Compact(スマートフォン)

DSCF4983

僕が常に持ち歩いているスマートフォンは、SONYのXperia Z5 Compact

防水仕様ですから、スコールの多いタイでもビーチの綺麗なバリ島でも問題ありません。

そして、重要なのが海外SIMフリー版というところです。

SIMフリー版であれば、日本にいようが海外にいようが現地のSIMカードが使えますよね。

僕は1ヶ月後にどこにいるか未定の生活をしていますから、ドコモなどとは絶対に契約しません。

じゃあ「どうしてるの?」には、記事後半で詳しく記載してみますね。

日本にいても海外旅行でも同じスマホ環境を使えると、仕事やプライベートでも何かと便利です。

Xperia Z5 CompactのSIMフリー(香港版)を「Expansys」から購入レビュー

2015.10.20

SmartWatch 3(ウェアラブルウォッチ)

DSCF6361

ずっとアナログ時計を使っていましたが、最近ウェアラブルウォッチに乗り換えました。

これもSONY製で、最新機種のSmartWatch 3 

日本にいても海外にいても、自動で現地の時間に設定してくれるから楽ですよね。

また、SNSなどの通知をSmartWatch 3で確認できるため助かっています。

海外で買い物したときに、ちょっとした電卓としてサッと計算できるのも意外と便利ですよ。

防水仕様ですから、腕につけたままビーチにザブンなんてことも。

飛行機で現地に到着して、自分で時間を設定したり面倒な作業がなくなりました。

Sony SmartWatch 3 SWR50購入レビュー

2016.05.19

MOFILY YoCam(ウェアラブルカメラ)

DSCF6381

2016年で1番気に入っているガジェットが、ウェアラブルカメラのYoCam(ヨーカム)

ハッキリ言って、これに出会ったときは興奮しちゃいまいた。

これ、実は世界最小最軽量(あのGo Proよりも)のデジタルカメラなんです。

僕は写真が大好きで、高性能な一眼レフやコンデジを愛用していました。

ですが、やっぱり旅行のときって邪魔になるんですよね。

特に今回のように手ぶらで外を出歩くときとか最悪。

また、これからは写真だけじゃなく動画撮影にも力を入れようと思っています。

そこで便利なのが、このウェアラブルカメラ。

広角140°で撮影(写真/動画)できて、しかも防水仕様っていう。

自撮りするときや、風景を広角で撮影して楽しんでいます。

話題のウェアラブルカメラMOFILY YoCamをエクスパンシスから購入レビュー

2016.05.28

 

クレジットカードは日・タイ両方

credit-cards

ここからは、僕の使っているカード類を書いてみます。

とは言ったものの、基本的に2枚のみ。

僕はよく日本とタイを行き来していますので、両方のカードを持ち歩いています。

以前はクレジットカードもたくさん持っていましが、やっぱり使うカードって限られますよね。

いろいろと試してみた結果、この2枚に決定しました。

タイのデビットカード(カシコン銀行)

僕は以前、日系企業のタイ法人で働いていました。

そのときに作っていたのが、タイのカシコン銀行が発行しているデビットカードです。

クレジットカードでも良かったのですが、あえてデビットカードに。

タイにいるときは必要な金額をその都度銀行に入れますから、あまり現金が入っていません。

なので、使い過ぎないように(笑)即時引き落としのデビットカードを使っています。

また使い過ぎてカシコン銀行口座に現金を入れる場合、日本にいたらどうすることも出来ませんからね。

そんなワケで、海外口座ではクレジットカードよりもデビットカードがオススメですよ。

エポスカード(海外旅行保険自動付帯)

epos-gold

(※2016年8月よりエポスゴールドカードにアップグレードしました)

日本のクレジットカードは、海外旅行好き必見のエポスカード

僕にとって、もはやエポスカード以外に選択肢がないってくらい気に入っています。

これ、実は年会費が無料なんですよね。

しかも年会費無料で海外旅行保険が自動付帯しているんです。

携帯しておくけば、海外旅行の万が一のトラブル時もエポスカードがサポートしてくれます。

例えば、ケガをした場合でもエポスカードを持っていればキャッシュレス診断を受けることが出来たり。

海外の病院で医療を受けると、医療費が高額ですよね。

でも、エポスカードなら現地の病院で最大270万円まで無料で診察してくれますよ。

更に海外旅行時に破損してしまったパソコンやスマホも、最大20万円まで保障してくれちゃいます。

海外旅行保険が年会費無料で自動付帯して更に医療費キャッシュレスなクレジットカードならエポスカード

2016.01.07

 

その他の持ち物

goods-others

ここからは、ガジェットやカード類以外で便利な持ち物をまとめてみました。

どれも小さなアイテムですから、かさばりません。

それでいて、いろいろと便利で快適なアイテムですから必見です。

ブラン・クチュール(超薄型財布)

財布は、超薄型のブランクチュール

かれこれ5年くらい同製品を愛用しています。

財布ってどうしてもかさばっちゃいますが、このプランクチュールなら超薄型。

短パンのポケットに入れていても、全く気になりません。

また、クレジットカードも左右に2枚(最大3枚づつ)入ります。

好き過ぎでボロボロになっても、未だに現役(革ですから使えば使うほど味が出ます)。

自分の名前を入れてもらったのですが、流石に名前は薄くなっちゃってますね。

近々、同じものを買い換えます。

現金(主に日本円・タイバーツ)

生活する上で1番大切なのが、現金。

僕はタイと日本を行き来していますから、主にタイバーツと日本円を持ち歩いています。

ただし、あまり現金は多く持ち歩きません。

買い物するときや、ましてやコンビニでさえクレジットカードを使いますから。

特にエポスカードならば、ポイントも貯まってオトクです。

Bluetoothイヤホン(Jabra Halo Smart)

jabra-controller

バスや電車での移動時間は、Bluetoothイヤホン「Jabra Halo Smart」を使っています。

このイヤホンはBluetoothだから、もちろんワイヤレス。

更にスゴいことに、この軽量性で最大再生時間17時間を実現しています。

マイクが内蔵していますから、電話があってもそのまま会話が出来てかなり便利ですよ。

そして音楽は、もちろんスマホ(Xperia Z5 Compact)を通して聞いています。

Amazonの定額制「プライムミュージック」を契約してますから、いつでもどこでも聴き放題。

気分によって、曲を選べるところが嬉しいですよね。

Jabra Halo Smartの購入レビューは、以前書いた下記を参考に。

最大17時間再生が可能なBluetoothイヤホンJabra Halo Smartレビュー

2016.10.13

マイネオ(格安SIMカード)

日本国内のスマホは、格安SIMカード会社(MVNO)の「mineo」を愛用しています。

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)は、だいぶ前に解約しました。

mineoのメリットは、月々の通信費が1,000円程度なところ。

僕は1ヶ月まるまる日本にいないこともありますから、ドコモなどのスマホ代はムダになります。

でも、mineoの月々1,000円台なら許容範囲ですよね。

日本の電話番号もさえも捨てました(笑)。

ちなみに、大手キャリアからmineoに乗り換える場合は電話番号そのままでも可能です。

auとドコモ回線で使える格安SIMカード会社「mineo(マイネオ)」の評判とオススメ料金プラン

2016.01.24

ONE SIM CARD(グローバルSIMカード)

onesimcard-sekatabi

海外旅行では、万が一のためのONE SIM CARD

もちろん基本的に現地のSIMを購入して使っていますので、あくまでも予備みたいなものですね。

ONE SIM CARDはグローバルSIMカードになっていて、世界200ヶ国で使えます。

万が一、現地のSIMカードにトラブルが起こったときのために財布に常にしのばせていますよ。

ほとんど使うことはありませんが、プリペイド式で半永久的に使えますから持っていて損はないですよね。

海外旅行好きな方は、ぜひ活用してみて下さい。

海外ノマドワーカー必見!世界一周や200ヶ国以上で使えるプリペイド式「グローバルSIMカード」

2015.05.05

 

さいごに

いつも肌身離さず持ち歩くアイテムですから、絶対に妥協はしたくないですよね。

高価なモノは必要ないですが、ずっと使える便利なモノは僕も大好きです。

そして、日本にいても海外旅行でも持ち物は変えたくない。

いちいち変えていると、忘れ物もしちゃいますし面倒ですからね。

皆さんは、手ぶらで出歩くときに必ず身に着けている持ち物は何ですか?

時間があるときにでも、TwitterやFacebookなどでコメント下さい。

今回の記事が、モノを極力少なくしたい読者の参考になっていましたら幸いです。

さあ、次はどこをフラフラ出歩こう?

epos-banner 2717932

ABOUTこの記事をかいた人

海外ノマドや旅行情報を中心に自身の経験を交えてブログで発信中。カメラやスマホなどのガジェット類も大好き(旅の7つ道具として紹介しています)。また、「タイ」をこよなく愛し1年の半分以上をパタヤとバンコクを中心に暮らしています。嫁はタイ人。